観る

三和町内の歴史的な見どころをご案内します。


【菟原宿と細野峠】

 

菟原宿は京街道(山陰道)の宿場の一つです。現在の菟原下、中地区に当たり、参勤交代の大名が泊まる本陣や、荷物や人馬を継ぎ立てる人足駅問屋などがありました。明治以降、街道のすぐ西側に道幅の広い道路(旧国道)が造られたのに伴って、京街道沿いの商家や住家が移築されました。白壁の家々や酒蔵などが軒を連ねるたたずまいのあちこちに、かつての「菟原宿」の面影を今に伝えています。

かつて京街道を行く旅人らは、菟原下から対岸の菟原中へ行くのに土師川を歩いて渡り、大水の時は足止めされたり、川人足のやっかいになったりしたといわれています。今は2代目の「両橋」が菟原下と菟原中の文字通り橋渡しをしています。菟原中と隣の京丹波町を直結するのが延長約2㌔の細野峠。平成8年、文化庁の「全国歴史の道百選」に選ばれたのを機に、峠を歩く人々を見かけるようになりました。峠の頂上近くに寺院跡があります。山号を宝酢山、寺号を円通庵と称し、西国三十三カ所、坂東三十三カ所、秩父三十四カ所の計百体の観音像が祀られていました。現在、観音像は菟原中の高台にある龍源寺に移され、金色の光を放っています。峠道の反対側には旅人が疲れた足を休める茶店や、のどを潤おす清水が湧き出ていました。頂上付近には、江戸時代の末期に起きた百姓一揆の首謀者の首がさらされたところもあります。

(執筆:和田憲幸)

 


以下の見どころは、順を追って詳細な解説を載せていきますのでお楽しみに!

大原神社

おおばらじんじゃ

安産と五穀豊穣の神様を祀り古くは江戸時代から地元はもちろん遠方の参拝者も訪れる神社。

綾部藩を治めた九鬼氏も奥様の懐妊の際は必ず訪れたといわれています。

 

龍源寺

りゅうげんじ

弘化元年(1844)に龍源寺良英和尚や住民の発起で建立されたお堂で西国霊場33所ほか秩父34所、坂東33所計100体の観音像を安置。四国霊場の砂も納められています。


経ヶ端城址

きょうがはなじょうし

上川合の経ヶ端城跡は標高140m、東西縦延長は約120m。城山保存会が公園化し、川合・岼集落を一望できると供に四季の花々を楽しめます。2013年以降、春には野点の会が開催されています。

産屋

うぶや

妊婦が出産の為に籠った茅葺の建物。古事記、日本書紀にも記述があり日本の産育習俗として古くから使われてきました。大原では大正時代までこの習慣が続きました。